男性介護者の為のサロンにようこそ!

男性の方、介護や健康に対する悩みや不安を一人で抱えておられませんか?

お互いに日頃の悩みや不安、体験談などを気軽に話すことができるような、男性同士の絆作りができればと思い、大久保在宅介護支援センターでは、男性限定のサロンを定期開催しております。

過去に介護経験がある男性の方のご参加も大歓迎です!貴重な体験談などお聞かせ下さい。

少人数なので男同士、気兼ねなくお話ができるサロンです。

ぜひ、お気軽にご参加下さい。

 

神戸新聞に男のサロンの事が掲載されました。※以下内容

増える男性介護者を支援しようと、兵庫県明石市の大久保在宅介護支援センター(大久保町江井島)が今春から「男の介護者サロン」の定期開催を始めた。大久保地区に限らず参加を呼び掛け、2カ月に1回のペースで開く予定。男性限定のサロンは市内で唯一といい、同センターは「男性は介護の悩みや不安を一人で抱え込みがち。気軽に話をできる場にしたい」としている。(中島摩子)

かつては女性が担うケースが多かった介護だが、核家族の増加などに伴い、近年は男性介護者が目立つようになった。厚生労働省の国民生活基礎調査(2010年)によると、「主な介護者」(同居)は男性が30・6%で、割合は増加傾向にあるという。

同センターは数年前から、不定期で男性対象のサロンを開いていた。だが、ソーシャルワーカーの斧慎太郎さん(27)は「普段は無口な男性が、サロンでは思いの丈を一気にしゃべる。話をしたい人は地域にもっといるはず」と、定期的な開催の必要性を強く感じた。

斧さんら同センターのスタッフが目にするのは、女性と比べて人に頼るのが苦手だったり、慣れない料理や洗濯などの家事に戸惑ったりする男性の姿。介護と仕事の両立が困難という悩みも深く、「吐き出す場がないと、介護者がつぶれてしまう」と懸念する。

4月中旬、小規模多機能型施設「大久保苑」(大久保町大窪)で開いたサロンには、妻や母を介護する50~70代の4人が参加。それぞれが介護状況を話し、共感したり、愚痴をこぼしたりした。アドバイスをし合う場面もあり、「来ることができてよかった」と話す男性もいたという。
斧さんは「アットホームな雰囲気で、わいわい言いながら、ストレスを発散してほしい。サロンを通じて知り合い、気軽に情報交換などができるネットワーク作りができれば」と願う。

 

【開催日時】 
偶数月の第3木曜日 10時~12時  出入り自由

【開催場所】 
小規模多機能型居宅介護 大久保苑 2F
明石市大久保町大窪544-1

【対象】
ご家族を介護する男性介護者の方
過去に介護をされていた男性の方
気分転換の場所を探している方
健康に少し不安のある方

【費用】 
無料(予約不要です。当日現地でお待ちしています。お気軽にお越し下さい!)

【主催】
清華苑ふくし相談センター

【お問い合わせ】  
078-938-0770